One Point Advice 睡眠環境プランナー 三橋先生の睡眠コラム One Point Advice 睡眠環境プランナー 三橋先生の睡眠コラム

columnvol.15

寝苦しい夏に大切な敷きパッド

寝苦しい夏でもグッスリ眠るために、睡眠環境を整えることは大切です。実は、寝具は掛けるモノより、敷くモノが大切だと知っていますか? まず心がけるべきことは、通気性のよい“敷きパッド”と使うことです。背中がマットレスに密着して熱がこもると、寝苦しさを感じるからです。立体構造で熱が逃げるタイプがお勧めです。

できるだけエアコンを使いたくない人は、とくに気を配ってください。敷きパッドの表面に涼感のある麻を使っていても、中綿にポリエステルが詰まっていると、しばらくすると背中の蒸し暑さで目が覚めてしまいます。

触るとヒンヤリする接触冷感生地も同様です。クーラーが効いた店頭で触ると涼しいのですが、この冷たさは室温に影響されます。クーラーのない寝室で使うと涼しく感じないばかりか、汗も吸わないので、逆に寝苦しいことがあるほどです。

夏は“抱き枕”もお勧めです。横向き寝は背中が大きく開くうえ、抱き枕の効果で腕や脚の間にすき間ができて、通気性がよくなります。さらに、横向き寝の上側になる腕や脚の重みを抱き枕が受けとめてくれるので、リラックスして眠りにつけます。

そして、掛け寝具は“ガーゼケット”がおすすめです。傷の手当てにも使われるガーゼを重ね合わせた上掛けで、柔らかくて蒸れにくいのが特長です。しかも軽くて、洗濯後の乾きが早いのです。

パジャマの生地は、凹凸がある“楊柳”“サッカー”、通気性のよい“ダブルガーゼ”などが、肌触りがサラッとして快適です。肩は冷やさないように半袖か七分袖を、ズボンの丈は長めに。水分不足と冷えが重なると「こむら返り」が起こりやすいので、長ズボンかレッグウォーマーを履くとよいでしょう。

そして寝るときには、体感温度が下がるアロマ“ペパーミント”を使ってみましょう。ペパーミントだけでは目が冴えてしまうので、リラックス系の精油とブレンドします。お勧めは、ラベンダー3滴&ペパーミント1滴。眠りの王道ラベンダーと、清涼感のあるペパーミントの相乗効果が期待できる、夏におすすめのブレンドです。

夏の猛暑は体力を消耗するので、正午から午後3時の間に、15~30分の仮眠を取り入れてみましょう。軽く目を閉じて、視覚からの情報を遮断するだけでも脳の休息になります。姿勢は座った状態がよく、“お昼寝ピロー”を使うと、机にうつ伏せたときに内臓の圧迫を防いで、仮眠を取りやすくなります。

快眠環境を整えて、暑い夏を乗りきって行きましょう。

睡眠環境プランナー三橋 美穂Mihashi Miho

寝具メーカーの研究開発部長を経て2003年に独立。全国での講演・執筆・個人相談のほか、ホテルの客室コーディネートや、寝具をはじめ睡眠関連事業のコンサルティングなども手がける。睡眠のスペシャリストとしてテレビや雑誌など多方面で活躍中。著書に「驚くほど眠りの質が良くなる 睡眠メソッド100」(かんき出版)ほか多数。

[Webサイト] http://sleepeace.com/
[ブログ] http://mmmiho.blog27.fc2.com/
[Twitter] @384miho